ショットホール峡谷 ニンガルー海岸世界遺産地域 西オーストラリア 2017.08.02



ショットホール峡谷の概要:

ケープレンジ国立公園で最も険しいエリアの1つで、この風光明媚な峡谷の底を未開封の道路が横断しています。

この壮観な峡谷の床に沿った12 kmの景色の良いドライブは、ショットホールキャニオンの奥深くにあなたを連れて行きます。駐車場から少し歩くと(クラス4)、エクスマウス湾に戻る険しい石灰岩の壁の景色を望む展望台まで歩けます。

この峡谷の名前は、1950年代初頭の石油探査作業中に地震研究のために設定された爆発物に続く地形に残されたショットホールに由来しています。

出典:

https://parks.dpaw.wa.gov.au/site/shothole-canyon

砂利道は、峡谷の床に沿って乾いた小川のベッドの上を曲がりくねっており、切り立った峡谷の壁の上にあるトレラ、トゥルキ、マンドゥの石灰岩層の3つの異なるカラフルな岩層を詳しく調べます。8月から10月の間に訪れると、渓谷は色づき、緑の低木地が生き生きと生い茂り、地域固有の多くの種を含む豊富な野生の花が咲きます。

キャニオンの底にあるウォーキングトレイルに参加して国立公園を探索しましょう。エクスマスビジターセンターにアクセスして、キャニオンを安全に横断するためのウォーキングトレイルガイドとガイダンスを入手してください。ガイド付きツアーは、半日または1日のハイキングの一部として利用できます。

エクスマスのショットホールキャニオンは、1950年代の石油探査中に地震学研究のためにミニチュア地震を設定するために固定された爆発物によって残されたショットホールにちなんで命名されました。

公園にいる間に、 ショットホールのさらに南にあるチャールズナイフキャニオン渓谷を眺めながら景色の良いドライブを楽しみ、さまざまな展望台で壮観な景色を眺めましょう。ケープレンジに散らばっている700の洞窟のいくつかに注目してください。 Shothole Canyonは、Learmonth空港のすぐ北、Exmouthから車で25分南に位置しています。

出典:

https://www.australiascoralcoast.com/destination/exmouth/cape-range-national-park/shothole-canyon

概要にあるように、谷底がパーキングで、周囲の渓谷を登って眺望を楽しみました。(^^♪・・・続きはこちら⇒ショットホール峡谷 ニンガルー海岸世界遺産地域 西オーストラリア 2017.08.02