トランプ大統領が攻撃しようとしていたイランの世界遺産とは【しろとり良太「素顔の中東」#8】



開戦間近かと思われるほど一触即発状態の米・イラン関係。
トランプ大統領は、イランが司令官殺害の報復として反撃した場合には
イランとイラン文化にとって極めて高水準かつ重要な施設を攻撃する
と表明しました。

その後、この発言を取り下げることを発表しましたが、
トランプ大統領が攻撃して破壊しようとしていたイランの世界遺産とは
どのようなものなのか?

今回は、18世紀のガジャール朝のゴレスタン宮殿をご紹介します。

【ナビゲーター:城取良太】
HS政経塾(第1期生)在籍時、中東研究に取り組む。
2012年にカイロ・アメリカン大学に留学。
現在、幸福実現党広報本部に所属。

イラン・テヘラン編【しろとり良太の「素顔の中東」】: https://www.youtube.com/playlist?list=PL02b0ueB3mhNpy7r-XnbEVpXS7CX_Mv3t

しろとり良太の「素顔の中東」―NEWS TIPS―
https://www.youtube.com/playlist?list=PL02b0ueB3mhOErR5CZeiUGf-vOyAjG5Q4・・・続きはこちら⇒トランプ大統領が攻撃しようとしていたイランの世界遺産とは【しろとり良太「素顔の中東」#8】