ブーメランの格安販売店紹介!気になる情報は店舗レビューを参考にしましょう

現代ビジネスにこんな記事が出た。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52244

端的に言うと自民党が擁立した新人候補が昭和の遺物のような金権選挙を展開している、というものだ。

だが物的証拠が何もなく、匿名の県議のリーク情報がベースになっているというあたり、この記事の執筆姿勢こそが昭和のテンプレートそのものである。

ジャーナリストの記名記事でなく、編集部名義になっているあたり、誰かからの依頼によって書かれたものである可能性が極めて高い。記事の内容からすれば、それが誰であるのかも非常にわかりやすくなっているが。

それにしても、ライバル候補を「金権」で批判するとは、そのセンスいかがなものかと思わざるを得ない。トランプの最近の言葉ではないが「他に思いつくことはないのか」だ。

現職知事の在職中に不思議な金の動きがあった、ということは、先に閉会した茨城県議会で追求されており、常井県議が自身のフェイスブックでその内容を公開している。

どうもこの現代の記事、「カネ」でつつかれたための条件反射の結果なのではないかと思われる。

新人候補を不利な状況に追い込むのはカネ関係のスキャンダルをマスコミに書いてもらう以外にも方法がある。というか21世紀の政治は20世紀よりもそのあたりは洗練されるようになっており、対立候補がしっかりとした理論に基づかない経済公約を持っていたりすれば、それを指摘することにより窮地に追い込むことが可能なのだ。

またマスコミ報道の信頼性は昨年のアメリカ大統領選挙以来世界的な規模で低下し、日本においては特に今年の上半期に失墜した。

そういう時代の風を読むこともなく、よりにもよって「ゲンダイ」を買ってスキャンダルを演出しようとする…有権者が不安を覚えるのは、まさにその政治センスなのではないだろうか。

 

誰も知らない夜のブーメラン

どうやら、やはり、オットがブログを見ているようで、

書きにくいったらありゃあしないっ(笑)

 

オットとテレビのチャンネル争いで口ケンカしてたら

「出家しろ!笑」って言ったんだよね

ちょっと、あんた、ブログ見ないでよ( `ー´)ノ

ブロック機能ってないのかしら・・・

 

こうなったら、さかてにとってやるわ(*’▽’)

男と女シリーズの今まではこちら

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

オットが京都に単身赴任をしてから、ヌサコはかなり気が楽になった

もちろん、寂しいとか、もしかして今度は京都の女と!

などどいう心配もあったが、

それを上回る解放感があった

 

しばらくはコドモと二人で穏やかな生活を送っていた

月に何回か、週末にオットは帰ってきたが、それくらいがちょうどいい感じの日々だった

 

オットと離れることで、冷静にふりかえることもできた

 

同じトラウマどうしが引き合うんだなと思った

 

ヌサコはものごころついたころから、人はあまり信じられないと思っていた

オットと出会ってから、信じられる人もいるんだと思うようになっていた

この人だけは信じられる、みたいに思っていた

その裏には、「私は誰からも愛されない」もしっかり握りしめていたと思う

 

夫は、明るい人で、あまり考えこまず、とにかく行動する

単純で、正直にはっきりものをいうが、人には好かれるタイプ

まさか、昔の彼女が亡くなっていたなんて知らなかった・・・

 

二人で、さんざん、ケンカして罵り合っていた時に、オットが言った言葉が

「俺の好きな人は、俺の前からいなくなる」

だった

 

自分とは正反対の人を好きになったと思っていたが、

同じものを握りしめていたとは本当に驚きだった

 

結婚は、夫婦は、お互いを削りあう砥石みたいなものだと何かの本に書いていたが、

まさに我が家はそうだなあと思った

 

誰からも愛されない、とか

好きな人は自分の前からいなくなる、という想いを持ち続けていると

常に不安がつきまとう

本人は無意識かもしれないが、

大事な人がいなくなっても悲しまないように、

常に誰かを用意するようなことをしてしまうのだ

 

ヌサコの本当の苦しみは

そんなオットのことがわかることだった

オットの気持ちがわかるだけに、

一方的には責めきれなかった

 

オットに、辛辣なことを言ってはいたが、

必ずそこには、

「私もそうだ・・・」

が、セットになっていて、

自分の言葉がブーメランのように返ってきて、自分がケガをした

 

ホントに好きなのは彼女なんでしょ!!!

だったらでていけばいいじゃない!!

 

と言っていたが、

じゃあ、自分は、オットのことを好きなのか?

愛しているのか?

大事なのか?

 

といわれれば、

一番大事なのは、

自分かもしれなかった

 

未熟者同志である

 

それもこれも、今だから言えること書けることで・・・

この単身赴任中は

ただただ、解放感で、しばしの休息だった

 

そんな解放感の中でも、

静かな平穏な時間と

一瞬にして、暗闇に陥る時間が

交互におそってきていた

 

ヌサコにとってオットは、それほどの存在だった

全くそんなふうには思っていなかったが、依存していたのだろう

 

そして、1年もたたないころ、オットが東京勤務となり、

単身赴任は終わった

ヌサコの解放感の日々は終わり、

また暗闇の時間ばかりが続く日々になってしまった

 

つづく

 

↑↑↑なにこれ、センチメンタリズムすぎるね

しかし、ホントのことなので恥ずかしいけど、投稿

ポチッ!!

 

 

 

 

[広告] 楽天市場
  • 【再生産】1/10 電動RC 組立キット ブーメラン (2008)【58418】 【税込】 タミヤ [T 58418 ブーメラン]【返品種別B】【送料無料】【RCP】
  • 小中型犬用 丈夫なおもちゃ タフィーズ ジュニア ブーメラン トラのおもちゃ5000円以上送料無料 【RCP】
  • Kaiser(カイザー) ブーメランセット KW-420
  • ブーメランパンツ 結婚式 余興 人気 忘年会 誕生日プレゼント 下着 ランジェリー ショーツ パンティー ブリーフ ビキニ ローライズ
  • 【あす楽対応】RTRU7A TYR ティア メンズ 男性用 ビキニ ブーメランパンツ 練習用水着 練習水着 競泳水着 競泳用水着
  • 送料無料お試し商品 ブーメランハーフバック プリント553