遅延の申し込みはコチラの激安通販から

公式ハッシュタグランキング: 位 最終日、島内を駆け足でまわって、寂しいですが空港です。帰りも40人乗りの小さなプロペラ機です。 後ろから乗り込みます。 行きは宝島などが見える方だったので、帰りは硫黄島が見える側にと思っていたのですがうっかりしていて、同じ方向になってしまいました。ただ、1時間少しのフライト、座ってすぐ熟睡し、それどころではなかったです。鹿児島空港につき、お兄さん方は東京方面なのでたくさん便がありすぐの乗り換えです。私達は1時間50分の待ちに加え、またまた遅延のアナウンスがありました。いつも鹿児島空港で楽しみにしているお寿司屋さん、ゆっくりできると、ちょっと嬉しい誤算です。まず、ビールです。大将は、鹿児島といえばやっぱり芋焼酎と言って、焼酎を頂いていました。それから、なんといってもきびなごです。酢味噌で頂くのです。2人で美味しい~と盛り上がっていると、お寿司屋の大将が鹿児島の方は酢味噌より塩とレモンで食べるんだよとおっしゃってお寿司を握って下さいました。美味しい~新しい発見~とまたまた大盛り上がりです。それから、こちらも鹿児島名物 首折鯖です。 通常、丸いお皿のお造り醤油なのですが、九州独特の甘いお醤油でも食べてみてと準備してくださいました。甘いお醤油があまり得意ではなかった私なのですが今回の沖永良部で大好きになったのです。母が畑で収穫してきてくれた島オクラをボールいっぱい茹でてもらって、この甘いお醤油をかけて完食したくらいです。そして、確かにお造りにも合うのです。このあと、少しお寿司を握ってもらっているとあっという間に搭乗の時間です。 もう本当にこれで最後です。ちょっとしんみりしてしまいます。飛行機に乗ってからはもうあっという間です。お土産は沖永良部からの船便が再開したので送りました。楽々の三線とトランクだけの荷物です。この年季の入ったトランク、もう15年選手です。かもめのアルバイトさんたちが色んな国に連れていってくれました。懐かしいです。 1年越しの楽しみだった沖永良部帰島、終わってしまいました。寂しい気持ちとともに、次いつ行こうかと予定を組みたくなる気持ちも出てきます。送られてきたお土産は、段ボールいっぱいのやじまみです。ピーナッツに黒糖をまぶしたものです。両親からのお土産は家でとれた島バナナです。とても甘くて美味しいです。通常出回っているものより完熟させて収穫するのでその分、長くは保ちませんが味は抜群です。 写真を撮り忘れたので、お姉さんに頂いた写真です。 楽しい楽しい旅行でした。沖永良部島、是非是非ご機会があれば一度行ってみてください。ケイビングも私の写真など非にならないくらい美しいです。 京都はすっかり秋の様子です。朝夕、ぐんと冷え込みます。体調など崩されませんように。  

遅延 楽しすぎて狂っちまいそうだ!

12月22日(月)AM05:35-
新しいパソコンに、ようやく慣れてきた感じ。

が、いまだにDVDを観ることができにゃい。
設定とかが、必要なんですかね。
今日、ちょっと訊いてみよ。

昨夜は…..けっこうヒヤヒヤでございました。
帰りの飛行機…..20分ほどの遅延。
まぁ、飛んだからよかったんですけどね。
風と雨が、けっこう凄かったんで…..。
無事に帰京できて、よかったっす。
トークショー直前の…..オヤジ。
昨日も、席には焼酎のロックが用意されておりました。
いつでもどこでも、飲みたいわけじゃないんですけどね。
目の前にあったら、飲んじゃうよね。