遅延盛衰記

私は今でもG種&種運命のCDを車の中でエンドレスでかけている訳ですが、あれだね、蘭は「Reason」の中の「遠く離れてるほどに近くに感じてる 寂しさも強さへと変わってく 君を想ったなら」を実践出来ればよかったんだろうね。実際は「言葉を重ねても理解りあえない事 まだ知らなかったね」なんだけど。蘭厳しめSSです。蘭ファンはバックプリーズ。  一方、その頃の警視庁では修羅場が続いていた。小五郎が捜査一課についた時、蘭は床にへたり込んだまま、虚ろな目からボロボロと涙を零しながら、「新一、新一」と言葉を覚えたての、それしか話せない赤ん坊のように繰り返していた。尤も、そこには赤ん坊のような無邪気さや、周囲を癒すような可愛らしさなど微塵もなかったが。「蘭…」愛娘のそんな様子に、小五郎は茫然とするしかなかった。入り口でかち合った新一の様子が普通でなかった理由が解る。恐らく彼は今度こそ蘭を切り捨てたのだろう。だが、だからと言って新一を恨む気になどなれはしない。新一に甘えるだけ甘え倒し、それでいて彼を思いやる事なく自分の事ばかりだった蘭の自業自得だ。それに、蘭の新一への異常な依存心を育てたのは、自分達だ。その結果がこれだというのなら、受け入れるしかないだろう。「降谷…」「お久しぶりです、先生。」「英理は来てないのか」「ええ。お仕事中だそうですよ?」皮肉たっぷりに言った降谷に、小五郎は溜息を吐いた。捜査一課のメンバーは、新一だけでなく小五郎までも彼を「安室」ではなく「降谷」と呼んだ事に驚いていた。それを察した降谷が、彼らに向って壮絶な笑みを浮かべた。「本来の立場では初めまして、ですね。風見は僕の部下です」それにざわめきが大きくなった。つまり「毛利蘭」の案件の責任者、という事か。そして例の組織の事件に関しても、かなり上の立場にいる事になるのだろう。「さて、録画していたのは誰です?それを貰ったら、彼女は連れていきますので、どうぞ本来の仕事にお戻り下さい。新一君があそこまで激昂した理由の一つ、お解りになりますよね?」爽やかな好青年然とした降谷から放たれる毒舌と、凄絶な空気に反応が遅れる。暫くして言葉を発したのは、責任者である目暮だ。「どういう意味だね?」「目暮警部でしたね。ここでは貴方が新一君との付き合いは一番長いのでしょう?何故、解らないんです?」「いや、今の彼の事は余り…」「前も今も彼は探偵です。その事実は変わりません。彼は、ここに来る最中に毛利蘭が『ここ』で騒ぎを起こした事に憤ってました。事件解決を遅延させる騒ぎを起こした、とね」ここで、全員がハッとしたような表情になったのと、息を呑む音が幾つか聞こえてきた事に、降谷は大仰に溜息を吐いて見せた。「本当に貴方方は毛利蘭に甘い。この子どもがここまで増長したのは、貴方方にも責任があるという事を、どうぞお忘れなく」「それは」「何の処分もないなど、甘い考えはお持ちにならないように」そこら辺の犯罪者など、この雰囲気だけで自白しそうだと思いながら、高木は恐る恐る降谷に記憶媒体を渡した。「どうも。ほら、何時までそうしているつもりだ、毛利蘭。泣いていれば許して貰えるなどと思うなよ」「新一…新一が…嘘よ、新一…」「―――成程、それが新一君が言っていた悲劇のヒロイン、という事か。虫唾が走るな」蘭への嫌悪と侮蔑を隠そうともしない降谷に、目暮は少々苦い表情になるが、ここで何か言えば増々彼はこちらへも侮蔑の感情を強くするだろう。『工藤新一を蔑ろにする事は~』かつて言い渡された言葉が蘇る。確かに蘭一人の為に、日本警察を窮地に追いやる訳にはいかない。何よりも、自分達もまた自業自得といわれる立場にあるのだ。「こんな形で再会したのが残念です、先生。次は何時になるのでしょうね?」少しばかり寂しそうな風情の降谷に、小五郎は多少なりとも面食らう。「まだ俺を先生と呼ぶのか」「ええ。人間的には、非常に尊敬できると思っています。貴方のこの娘への愛情や新一君への思いやりも含めて。その貴方の娘がこんなだというのは、非常に残念ですよ」「こんなにしちまったのは俺なのにか?」「貴方一人の責任ではないでしょう?死別した訳でもあるまいに」この場にいない「法曹界のクィーン」を鼻で笑うと、降谷は未だ「一方的に男に捨てられた悲劇のヒロイン」に浸っている蘭を無理やり立たせると、引きずるようにしてこの場を後にした。  流石の蘭でも、この場でキャンキャン吠え立てるのは無理かもと思い、大人しくさせました。ら、降谷さんの独壇場に。     

楽天市場で徹底的に安い遅延をゲット

アロマ風水を生活の中に取り入れて感じる事。それは、自分の身の上に起こる出来事に対して、妙に敏感になることです。予知能力・・・でしょうか・・・・横浜緑区整え屋どしだです。整えましょう。心、身体、おうち。あなたの人生丸ごと整えます。 以前はぼ~~と生きていた私も、いい意味でも悪い意味でも、宇宙からのメッセージに対して、アンテナが立ってしまったようです。今までは気にも留めなかった天候の変化、木々や花、鳥たち、雲の形など自然の中に示されるサインが、私へのメッセージとして受け取れるようになりました。五感が敏感になりました。そうなると、整っていない環境に身を置くと、がさがさとした雑音が聞こえてきたり、不快なものが目に入ってきたりします。解り易い所では、☆嫌な出来事を目にする☆家の前が通行止めになっている☆車での移動中、車の前を動物が横切る☆レストランで欠けたお皿やコップで提供される   こんなことが起こるときは、不運のエネルギーが向かっている時のようです。でも対応策があるので安心!!ネガティブなサインを送ってくるレストランやお店は、速攻退出です。ネガティブなエネルギーの流れを、自分で止めればいいのです。そしてもっと積極的にネガティブな出来事を追い払います。 【手を3回たたく】 これが良い番手っ取り早い方法です。ネガティブなエネルギーの泡を綴すようなイメージで・・・・例えば、宿泊するホテルに入ったとたん、いや~~~な気が流れてきたときなど、これは有効です。 【お香をたく】というのも良い方法です。アロマを使う事も出来ます、アロマ風水のアロマでは「金」がお勧め。 うまく進まないとき、例えば運転中に何か障害を目にしたときは【別ルートを探す】のが得策です。進む進行を妨害され、遅延することは必ずしも不運ではなく、逆に不運から守られている場合もあります。危険予知能力が働いている場合は、危険を避ける方法をとるのが一番。  今まで鈍感に生きてきたので、いろんなことを感じやすくなった当初は戸惑いましたが、この感覚は本来全ての人が持っている能力だと思います。良いことが起りそうな時もキャッチしやすくなるので、人生をうまくデザインできるようになります。このような内的な感覚を研ぎ澄ます一番の方法はアロマ風水の五行開運オイルを使っての八方位運気調整です。運気調整が出来ているおうちで生活していると、自然に自分自身の運気も調整されます。そして内側の風水、つまり自分自身の五行も整えると、完璧です。
アロマ風水の“香りのお守り”は、いつもあなたの内面の風水を強力にサポートしてくれます。あなたが「幸せと豊かさの新しい扉」を開くために必要な
あなたの「開運のアロマ=香りのお守り」は何でしょうか?では具体的にはどうすればいいか?アロマ風水ワンディセミナーでその一部をお伝えしております。===10月24日のアロマ風水ワンディ開運講座についての詳細はこちら↓アロマ風水ワンディ開運講座10月のテーマは2017年を有終の美で飾り、2018年を先んじる秘密の運気対策です。申し込みはこちらから土志田です。===5月から九星気学基礎講座、スタートしました。詳細はこちら⇒九星気学基礎講座==========整え屋どしだからのお知らせ土志田のフェィスブック(お友達申請、お待ちしてます)アロマ風水&九星気学FBページ整え屋どしだ(まゆな整体院)FBページ生活習慣病予防.netFBページ劇的開運風水FBページ===========フェィスブックの非公開グループお得情報、発信してます。ご参加ください。【整えましょう。心、身体、おうち】===========お勧め5日間無料メールセミナー2017年限定版:パッとしなかった人生をたった5本のアロマオイルで一発逆転させる方法 必ず金運アップできる5日間無料メールセミナー整体師が教える快眠のための「5つのやること」 整体師が教えるアンチエイジング無料メールセミナー:血管若返りのための5つの生活習慣 ============