百舌鳥・古市古墳群が大阪初の世界遺産に 地元歓喜(19/07/07)



ユネスコの世界遺産委員会で、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に登録されました。 百舌鳥・古市古墳群は4世紀後半から5世紀後半にかけて築かれました。宮内庁が仁徳天皇陵として管理する国内最大級の前方後円墳など、大阪府南部の3つの市にまたがる49基からなる古墳群です。審議では「独特な形状で保存状態が良く、相当な価値がある」と登録を推す声が相次ぎました。日本の文化遺産と自然遺産はこれで合わせて23件目で、大阪府では初めての世界遺産となります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp・・・続きはこちら⇒百舌鳥・古市古墳群が大阪初の世界遺産に 地元歓喜(19/07/07)