世界遺産【南米】ペルー・ナスカの地上絵!セスナ機に乗り上空から地上絵を楽しむ!Cessna plane,Nazca Lines in Peru.



国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明のホームページは下記
http://yukokunoshi-akira.com/

アメブロ(アキーラさん海外見聞録)は下記をクリック
http://ameblo.jp/yukokunoshi

Youtube1別チャンネル(フーテンの旅人アキーラ旅Travel Channel1)
https://www.youtube.com/user/Yuukokun…

Youtube別チャンネル(ジャーナリスト大川原 明)
https://www.youtube.com/channel/UCEfs…

Youtube別チャンネル(アキーラ/タイランド微笑みの国チャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCglkEz9eDPNrYDFWVU5VcJQ

Travel.jpたびねすに旅行記事寄稿
http://guide.travel.co.jp/navigtr/730/

【ナスカの地上絵を見るためにセスナ機搭乗】 Icame to Nazka and became a captain pilot. I could enjoy the fly and the view of Nazka Lines for 30mins.

ペルーのリマから専用車でナスカにリマから5~6時間の道のりでした。(東京と大阪を往復するような距離) ナスカの地上絵は展望台からも見れるのですが、せっかくなのでセスナ機に。生まれて初めてセスナ機。

酔い止めを飲んでいたので良かったのですが、それでも酔いました。(撮影を兼ねているので) 昨年6月にアイスランドのホエールウォッチングでは、乗船前に飲食したために嘔吐しましたが、懐かしいです。

今回は、事前に食事をとらず、酔い止めを飲んでいたのでよかったです。ついでにミンティアなどのミント、ハッカ系のものを持参する事をお薦めします。

【世界遺産ナスカの地上絵・136メートルの海鳥】
This is the sea bird of Nazka lines. I took a Cessna plane and could enjoy the view of Nazka Lines for 30mins.

セスナ機に乗り30分程の飛行時間でナスカノ地上絵を観察。
ナスカの地上絵は、ナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に「描かれた」幾何学図形、動植物の絵。

ナスカ地方では紀元前9世紀~紀元900年くらいまで様々な文化が開花しました。その中で、地上絵は、紀元前1世紀~紀元後7世紀頃、ナスカ文化を築いた古代インカ人が描いたとされています。

地上絵は、猿や狐、鯨、トンボ、サギ、ハチドリ、海鳥、海草などの動植物が描かれ、大きさは、32m~280m

地上絵は、1939年6月、アメリカ人の考古学者のポール・コソック博士により発見されました。

2012年に日本の山形大学が「ナスカ研究所」を設立。世界で唯一、現地の立ち入り調査を認められている研究チームとして、ナスカの地上絵の調査を続けています。
リマに滞在していますが、山形大学関係者を多く見かけました。

少しだけ砂塵の影響で白くなりましたが
NIKONの一眼レフカメラD610で連射撮影しました。

#ペルー
#ナスカ
#ナスカの地上絵・・・続きはこちら⇒世界遺産【南米】ペルー・ナスカの地上絵!セスナ機に乗り上空から地上絵を楽しむ!Cessna plane,Nazca Lines in Peru.